契約の自由とはどこまで守れるのか

契約の自由とは日本国憲法の13条の個人の尊厳と23条の財産権から保障された契約する相手を自由に選択する事を保障された権利の事を指します。
主に、契約締結をするかしないかを判断する事が出来たり、契約相手を選択する事が出来たり、契約の内容を自由に決める事が出来たり、何によってどう契約するかを決める事ができます。
しかし、契約の自由でも好き勝手に契約をしない事が出来ません。
例として法律上で契約の締結が義務づけられている物があった場合は裁判所の結果にもよりますが、13条の一文にある「生命、自由及び、幸福追求の権利を公共の福祉に反しない限り、立法、その他の国政の上で最大限尊重される」と書かれている文面があります。
法律として契約しなければならない義務に反する事は法律を守る事によって得られる利益に反する事であり、法律が守られなければ、多くの人が好き勝手に行動をする事から法律に反する事は公共の福祉に反する可能性が十分にあり、法律上に契約の義務が存在する物には契約しなければなりません。